PR

ライフ ライフ

横浜バス7人死傷事故 原因は睡眠時無呼吸症候群か

Messenger

 ■睡眠時無呼吸症候群 眠っている間に無呼吸状態が繰り返される病気で「Sleep Apnea Syndrome」の頭文字をとって「SAS(サス)」と呼ばれる。10秒以上、気道の空気の流れが停止した状態を無呼吸とし、無呼吸が1時間当たり5回以上あれば、SASと診断される。症状は人によって異なり、重症になると昼間に強い眠気を催すなど、日中の活動に影響が出ることもある。国内のSAS患者数は400万人とも言われているが、自覚症状がない人も多く、潜在的な患者数はさらに多いとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ