PR

ライフ ライフ

「自分を信じて」パラ・パワーリフティング、三浦選手講演 墨田区・言問小

三浦浩氏(共同)
Messenger

 パラリンピックのパワーリフティング49キロ級で日本記録を持つ三浦浩選手(54)=東京都墨田区在住=が8日、同区立言問(こととい)小学校で、全校児童約240人を前に講演を行った。講演会は都の五輪・パラリンピック教育の一環。

 三浦選手は重量物が倒れる事故で脊髄を損傷したが、けがを乗り越えてパワーリフティング選手になるまでの過程を話し、「自分を信じる心を持てば何でもできる」と力説した。

 三浦選手は2016年リオデジャネイロ大会の様子や、現在活躍しているパラリンピック選手を紹介した後、20キロの競技用バーを持ち上げる全校児童を指導、サポートした。

 講演を聞いた児童は「『どんなことにもあきらめない強い心を持ってほしい』という言葉に感動した。墨田区出身の選手として、2020年大会も頑張ってほしい」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ