PR

ライフ ライフ

【料理と酒】ヒラメの昆布締め 梅ソース 純米大吟醸酒とどうぞ

Messenger

 白身の魚の王様、ヒラメの美味しい時季になりました。千葉県南房総でも11月1日に解禁され、今年は好釣果が報告されています。ヒラメは昆布締めにすることでより身が締まり、うま味が凝縮されて濃厚な味になります。昆布のグルタミン酸の働きには驚くばかりです。柵で売られているヒラメでお試しください。

 梅干しを叩いてみりんを少し加えてペースト状にし、大葉と共にヒラメで包みました。醤油をほんの少しだけ付けて、口の中へ。ヒラメのうま味と、梅の香りと酸味がベストマッチ。とても上品な味わいにお酒が進みます。フルーティーな香りが豊かな純米大吟醸酒と合わせると至福のひと時が訪れます。(速水裕樹)

【材料】

ヒラメ…1尾

梅干し…2個

大葉…5枚

みりん…大さじ1

醤油…適量

【作り方】

1.ヒラメはウロコを落として5枚おろしにする。皮をひく

2.昆布の表面を、酒を含ませたキッチンペーパーで湿らせる

3.ヒラメを昆布で挟む。ラップで包んで一晩冷蔵庫に保存する

4.梅干しは種を外し、まな板に乗せ叩くように刻む。みりんを垂らしてペースト状にする

5.大葉は千切りにする

6.(3)のヒラメをそぎ切りにする。ヒラメ一枚をまな板に広げ、梅を乗せ、大葉も乗せて折りたたんで器に乗せていき出来上がり

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ