PR

ライフ ライフ

村上春樹さん37年ぶりの記者会見 冒頭あいさつ

生原稿などの所蔵資料を母校の早稲田大学に寄贈することを発表した村上春樹さん=4日午後、東京都新宿区の早稲田大学(松本健吾撮影)
Messenger

 作家の村上春樹さん(69)が4日、東京都新宿区の早稲田大学で、同校への資料の寄贈に関する記者会見に出席した。村上さんが国内で記者会見に応じるのは37年ぶりという。早大は資料を活用して、文学に関する国際的研究センター構想「村上ライブラリー」(仮称)を進める。村上さんの冒頭のあいさつは以下の通り。

 最初は「村上春樹記念館」にしようと思いましたが、まだ死んでいないので正式名称はありません(笑)。そういう施設を立ち上げることになりました。

 僕は一応、(早大の)文学部の演劇科を出ていますが、あんまり大学に出ていた記憶がないんです。ストライキとかゴタゴタが続いて、授業があんまりなかったし、出席日数がなくてもレポートを出せば単位をくれた時代でした。

 僕は学生結婚しちゃって、(在学)途中から仕事(ジャズ喫茶の経営)を始めて、授業に出る余裕もなかった。でも、7年かけて卒業させてくれたんで、早稲田は寛容な学校だったんだな、と思います。

 当時の話ですが、フランス文学に安堂信也さんという、翻訳でも有名な方がいまして、彼のラシーヌ(17世紀の劇作家)の講義を取っていました。授業には出ませんでしたが、出ないと卒業できない。授業に出られない事情を説明したら、「じゃあ、君の店に一度行ってみよう」ということで、(ジャズ喫茶のあった東京の)国分寺に来てくれた。で、店を見て、「君もいろいろ大変だなあ」って、スッと単位をくれた。いい人でしたね。ラシーヌなんて、1行も読んだことなかったけど。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ