PR

ライフ ライフ

【主張】文化の日 明治の歩み思い起こそう

Messenger

 祝日は、国民こぞって何かを祝い、感謝し、または記念する日だ。単なる休日ではない以上、その祝日の意味合いや来歴は知っておきたいものである。

 きょうは「文化の日」である。昭和23年施行の祝日法は「自由と平和を愛し、文化をすすめる」と位置付けている。

 2年前のこの日に、現憲法が公布されたことを踏まえたものだが、憲法記念日は施行日に当たる5月3日が選ばれた。

 今では11月3日を中心に、全国でさまざまな文化行事が行われている。美術館や博物館などへ足を運ぶ人も多かろう。

 文化の日となる以前の11月3日は「明治節(せつ)」という祝日だった。文明開化の時代を治めた明治天皇の誕生日である。在世中の「天長(てんちょう)節」(今の天皇誕生日)だけでなく、国民の請願運動を受けて昭和2年には明治節に定められた。

 明治維新後の日本の祝祭日は皇室や神道を踏まえ定められていた。戦後、日本を占領した連合国軍総司令部(GHQ)はそれを嫌い、改廃を勧告した。

 日本が主権を失っていた中で祝日法が制定され、祝うべき日の名称が変えられたのである。明治節は文化の日となり、もともとの意味は失われてしまった。

 明治の日本人は、迫り来る欧米列強の外圧に耐え、国力をつけて独立を守りきったのである。

 明治節は、日本を団結に導いた明治天皇をしのぶ日であったのはもちろんのこと、西洋に追いつこうと懸命に努めた多くの先人を思う日だったといえよう。

 今年は祝日法施行から70年の節目である。明治節を経験していない世代のほうが圧倒的に多くなっている。

 それでも、占領によって変えられたものの見方だけに日本人が縛られていていいはずがない。

 11月3日を「明治の日」に改めようとする動きが、民間や国会議員の間にある。昭和天皇の誕生日は変遷を経て「昭和の日」となり、昭和という激動の時代を振り返る祝日として位置づけられた。文化を振興する祝日はあったほうがよいが、「明治の日」も実現させたいものである。

 今年は明治改元から150年の節目に当たる。日本人が未来に向けて進んでいく心の糧を得るためにも、3日は明治を振り返る機会としたい。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ