PR

ライフ ライフ

BCGワクチン出荷停止 溶剤からヒ素検出 厚労省、安全性問題なし

Messenger

 子供の結核予防のため1歳未満の乳児を対象に接種しているBCGワクチンを溶かすための生理食塩液から、基準を超えるヒ素が検出され、8月からワクチンと共に出荷を停止していることが2日、厚生労働省への取材で分かった。

 ごく微量で、この量以下ならば健康に悪影響が出ないとされる許容量の数十分の1だったため、ワクチンの安全性に問題はないという。液を入れるガラス製の容器からヒ素が溶け出るのが原因と分かり、容器を別の製品に代えたところ基準を超えるヒ素は検出されなくなった。

 現在は在庫分が接種されている。11月中旬にも出荷を再開する予定で、ワクチンは不足しない見込み。

 厚労省によると、ヒ素が検出されたのは日本ビーシージー製造(東京)が作る乾燥BCGワクチンの生理食塩液。8月9日に判明し、出荷を停止した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ