PR

ライフ ライフ

世界津波の日・高校生サミット始まる 和歌山

高校生サミットで流暢な英語を使って開式のあいさつを行う高校生議長2人=和歌山市
Messenger

 世界48カ国から高校生約380人が集まり、津波の脅威や対策を議論する「高校生サミット」が31日、和歌山市で2日間の日程で開幕した。

 2015年に国連が「世界津波の日」を制定したのを機に開催。今回は、稲束の火で住民を津波から避難させた「稲むらの火」の故事がある和歌山県が会場となった。

 県立高の女子生徒2人が議長となり、「自然災害から命を守るため何をすべきか真剣に議論したい」と流暢(りゅうちょう)な英語で高らかに開式を宣言した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ