PR

ライフ ライフ

鈴木選手の言葉支え 重病のカープ女子、看護師に 

マツダスタジアムで、楽しそうに白熱する試合の行方を見守る池田真美さん(広島市南区)
Messenger

 夢を一度はあきらめながらも、34年ぶりのプロ野球日本一を目指している広島に勇気づけられ、再起を果たしたカープ女子がいる。広島市西区の池田真美さん(23)。今年3月、脳疾患で倒れ、看護師の道を断念した。しかし右足首骨折から今季復活し、4番として打線を牽引している鈴木誠也選手(24)の姿に励まされ、再び夢を追いかけることになった。31日の日本シリーズ第4戦もソフトバンクの本拠地・ヤフオクドームに乗り込み、声援を送る。(山本尚美)

 子供のころから看護師にあこがれていた池田さんは高校卒業後の平成26年、広島県県立広島大看護学科に進学した。

 野球に関心はなかったが、シーズン中、大学から帰宅する際、マツダスタジアムで盛り上がるファンに興味をひかれ、友人と球場に足を運ぶようになった。大学卒業の今年4月からは応援に通えるよう、球場近くの病院に看護師として就職を決めるほど、熱中していた。

 ところが新生活を控えた3月、自宅で激しい頭痛を訴え、搬送先の病院で「多発性海綿状血管腫」と診断された。脳内で塊になった血管組織が血流を妨げ脳内出血を引き起こす病気で、命に関わる状態だった。担当医からは「手術後は高次機能障害が残る。看護師は無理だ」と告げられ、看護師国家試験に合格していたものの就職を辞退した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ