PR

ライフ ライフ

【将棋】藤井聡太七段、ヒューリック杯棋聖戦1次予選決勝 今泉健司四段を破り2次予選へ

1次予選準決勝 対局を振り返る藤井聡太七段=31日午後1時3分、大阪市福島区の関西将棋会館(鳥越瑞絵撮影)
Messenger

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)は31日に大阪市福島区の関西将棋会館で指された産経新聞社主催の将棋タイトル戦「第90期ヒューリック杯棋聖戦」1次予選ブロック別決勝で今泉健司四段(45)を107手で破り、初めて棋聖戦2次予選進出を決めた。

 藤井七段は昨年の棋聖戦は1次予選決勝で大橋貴洸(たかひろ)四段(26)に敗れたが、今期は駒を一歩進めた。公式戦通算成績は97勝17敗となり、通算100勝まであと3勝と迫った。

 午前10時からの準決勝で村田顕弘(あきひろ)六段(32)との対局を制し、午後2時からの決勝に臨んだ藤井七段。対戦相手の今泉四段は年齢制限などでプロ棋士養成機関「奨励会」を2度退会してプロ編入試験に合格、戦後最年長の41歳で棋士になった異色の経歴を持つ。7月放送のNHK杯で藤井七段を破っていた。

 藤井七段は先手となり、準決勝に続いて両者とも1分将棋の激しい攻防を繰り広げたが、優勢を築いた藤井七段が押し切った。

 初の2次予選進出を決めた藤井七段は「押さえ込まれそうなところもあり、難しい将棋だった。去年より1つ上に進むことができたので、一局でも多く指せるよう頑張りたい」、敗れた今泉四段は「内容的に完敗。中盤、もうちょっとやりたかったが、みじめになりそうで正直、残念な投了となりました」とそれぞれ語った。

 また、30日に行われた第66期王座戦五番勝負の第5局で、関西所属の斎藤慎太郎王座(25)が初タイトルを獲得。棋士は日本将棋連盟の関東と関西のいずれかの拠点に所属しているが、斎藤王座のタイトル獲得により、関西の棋士が26年ぶりに4タイトルを保持することになった。

 斎藤王座が挑戦権を得た王座戦の本戦で7月、斎藤王座に敗れた藤井七段は「今度、叡王戦本戦で対局が決まっており、タイトルホルダーと戦える貴重な機会になる。全力を尽くしたい」と闘志を燃やした。

 関西所属の今泉四段も、斎藤王座のタイトル獲得について「すばらしい。子供のころから知っている斎藤王座がタイトルをとったことはものすごくうれしいこと」とたたえた。

 藤井七段は2次予選初戦で大石直嗣(ただし)七段(29)と対戦する。

 棋聖戦は1次予選を勝ち進むと2次予選があり、予選の勝者とシード棋士の計16人で決勝トーナメントを行う。優勝者は、豊島将之棋聖(28)=王位=への挑戦権を得る。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ