PR

ライフ ライフ

藤井七段、棋聖戦1次予選準決勝に勝利 決勝で最年長プロ入りの今泉四段と対戦 本日午後

「第90期ヒューリック杯棋聖戦」1次予選準決勝に勝利し、対局を振り返る藤井聡太七段=31日午後、大阪市福島区の関西将棋会館(鳥越瑞絵撮影)
Messenger

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)は31日、大阪市福島区の関西将棋会館で指された産経新聞社主催の将棋タイトル戦「第90期ヒューリック杯棋聖(きせい)戦」1次予選ブロック別準決勝で、村田顕弘(あきひろ)六段(32)を101手で破り、ブロック別決勝に進出した。同日午後2時から、今泉健司四段(45)と2次予選進出を懸けて対戦する。

 準決勝は午前10時に始まった。藤井七段は先手。持ち時間各1時間の早指し。互いに持ち時間を使い切り1分以内に指さねばならない「1分将棋」の熱戦となったが、午後0時48分、最後は藤井七段が制し、村田六段が投了した。公式戦通算成績は96勝17敗で、通算100勝まであと4勝と迫った。

 午後の決勝で藤井七段が対戦する今泉四段は、年齢制限などでプロ棋士養成機関「奨励会」を2度退会してプロ編入試験に合格、戦後最年長の41歳で棋士になった異色の経歴を持つ。7月放送のNHK杯では藤井七段を破っている。

 藤井七段は昨年の棋聖戦は1次予選決勝で大橋貴洸(たかひろ)四段(26)に敗れており、藤井七段、今泉四段、ともに初の2次予選進出が懸かる。

 棋聖戦は1次予選を勝ち進むと2次予選があり、勝者とシード棋士の計16人で決勝トーナメントを行う。優勝者は、豊島将之棋聖(28)=王位=への挑戦権を得る。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ