PR

ライフ ライフ

【就活リサーチ】学生の“大手志向”は継続中

Messenger

 就職活動を控える大学3年生に、10月上旬時点での就職意識などを調査しました。その中で、就職活動の中心とする企業の規模を尋ねたところ、「業界トップの企業を中心に活動するつもり」(18・6%)、「大手企業を中心に活動するつもり」(38・3%)で、いわゆる大手狙いの学生が過半数(計56・9%)に上ることがわかりました。

 大学入学時には就職戦線はすでに売り手市場といわれており、先輩たちの多くが大手企業に就職を決めた様子を見てきたことも、大手志向に繋(つな)がっているのかもしれません。

 まだ就職活動を本格的に始める前ということもあり、「なんとなく大手の方が安心」「名前を聞いたことのある企業には興味を持ちやすい」「有名企業にあこがれる」とイメージが先行している学生が多いようです。

 業界や仕事について知識が浅い分、「給与待遇がいい会社がいい」「長く働きたいので、つぶれない会社がいい」「大手の方が、福利厚生がしっかりしてそう」など、条件面から大手企業を志望する学生も少なくありません。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ