PR

ライフ ライフ

【書評】『人類滅亡小説』山田宗樹著

『人類滅亡小説』山田宗樹著(幻冬舎・1800円+税)
Messenger

 大気中で爆発的に増殖した細菌が形成するコロニー雲。まともに吸い込めば窒息死するほど二酸化炭素の濃度が高い。当初は局地的に発生したり消滅したりを繰り返していたが、次第に増え続け、地球の酸素濃度を低下させていた。〈早ければ二百年以内にも人類の生存が不可能なレベルまで酸素が減少する恐れがある〉

 コロニー雲の降下による世界初の人的被害が起きたミカヅキ市に暮らす姉妹や、その周囲の人々の姿が描かれる。滅亡へのカウントダウンが進む未来なき世界で、人はどう生きるのか。大仕掛けと深みのあるドラマが見事に結実。(幻冬舎・1800円+税)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ