PR

ライフ ライフ

【書評】『ウェールズ語の歴史』ジャネット・デイヴィス著、小池剛史訳

『ウェールズ語の歴史』ジャネット・デイヴィス著、小池剛史訳
Messenger

 英南西部ウェールズの言語である「ウェールズ語」の歴史を解説する学術書。なぜ英国の一部でありながら、独自の言語を今に至るまで保つことができているのか。その歴史的経緯を詳細にたどる。

 消滅の危機にさらされながら今も同語が残る理由は、保護の機運に加えて、詩や文学の豊かな土壌があったからだという。母語を英語から切り替える人の存在や、同語使用のライブハウスなど、近年の同語をめぐる事情は興味深い。

 このほか発音・文法の解説や、ウェールズ語由来の地名なども記載。言語学に関心を持つ人、英国旅行を計画している人におすすめ。(春風社・2700円+税)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ