PR

ライフ ライフ

1300勝達成、将棋谷川浩司九段に聞く 羽生竜王との対局は「幸せな時間」

関西将棋会館の対局室「御上段の間」には歴代名人の掛け軸がある。「道法自然」は谷川浩司九段が揮毫した=大阪市福島区(薩摩嘉克撮影)
Messenger

 今月1日、テレビ棋戦で公式戦通算1300勝を達成した。将棋界では、歴代最多の1433勝の記録を持つ大山康晴十五世名人や羽生善治竜王(48)らに次ぐ5人目の達成だ。

 大山十五世名人の記録を目標にしてきた。「40代に入って思うように勝てなくなり、及ばないのではと思っていた。これを機に改めて記録にどれだけ近づけるかを目標にしたい」

 7つのタイトルを獲得した経験を持つ。そんな棋士は、将棋界ではほかに中原誠十六世名人(71)と羽生竜王しかいない。年度対局数86局は歴代3位タイ記録。対局数が多いということは、勝ち進んだことであり、強さの証明である。数ある記録の中でも、現在も破られていないのが昭和58年、21歳2カ月で成し遂げた史上最年少名人だ。

 将棋界で最も古い歴史を持つ「名人」に挑戦するには、最低でも5年かかる。A級からC級2組まで5クラスある順位戦を勝ち抜いて、1つずつ上のクラスに上がらねばならない。昇級には1年かかる。そうしてのぼりつめたA級で優勝して初めて、名人に挑戦できる。そのタイトル戦で当時名人の加藤一二三・九段(78)から4勝2敗でタイトルを奪取したのだ。

 終局後、最年少名人の誕生に詰めかけた大勢のマスコミを前に、静かに語った「名人位を1年間預からせていただき、来年の挑戦者に私が挑戦するつもりでぶつかります」という談話は、現在も語り継がれる。「これは本心。うまく勝ち星が集まって運がよかったのです」と目を細める。

   ▲   △

 40年余りの棋士人生で最も多く対局したのは羽生竜王だ。タイトル戦で何度もしのぎを削ってきた。

 「一方的にこちらが意識していたこともあったし、お互いが張り合っていた時期もありました」

 平成4年、史上4人目の四冠王となったが、8歳年下の羽生竜王も猛然と追い上げてくる。タイトル保持数はやがて逆転し、自身は王将のみ、羽生竜王は六冠を携えて迎えた第44期王将戦七番勝負は7年1月12日に開幕した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ