PR

ライフ ライフ

動物で人の臓器作製解禁へ 来春までに指針改正

Messenger

 政府の生命倫理専門調査会は26日、人の臓器を持つ動物を作る研究を認めることで合意した。臓器移植などへの応用が期待されている。今後、政府の総合科学技術・イノベーション会議で正式に決定し、文部科学省が来春までに指針を改正する。

 想定されるのは、ブタなどの動物の受精卵(胚)に、人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)などを組み込み、人の細胞がまざった動物を誕生させる研究。海外では、動物から人に移植するための臓器を作ったり、薬の開発に役立てたりする応用研究が進む。人の細胞がまざった動物の胚は「動物性集合胚」と呼ばれ、国内ではこれまで倫理的な問題があるとして、子宮への移植が禁止されていた。改正案では、人と動物との境界が曖昧な生物が生まれないような防止措置が取られていることや、人の子宮には移植しないこと、生まれた動物を交配させないことを条件に、科学的な合理性があると認められる場合に限り研究を認める。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ