PR

ライフ ライフ

【ゆうゆうLife】血友病 出産時は母子にリスク…保因者にも医療を

Messenger

 凝固因子の活性を測ったり、親類に血友病患者がいないか改めて確かめたりするのを手始めに、保因者の長期的な健康チェックにつなげる。身近に血友病患者がいればその主治医に、いない場合は、血友病の専門医を探して受診することが大切だという。

 ただ、血友病は遺伝に関わる病気。保因者であることを知らされれば、精神的な負担も大きい半面、遺伝カウンセリングの専門家はまだ少ない。西田さんは「医療側が保因者を心身ともに支える受け皿を整えることが喫緊の課題だ」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ