PR

ライフ ライフ

山形・天童で全国くちびる美人コンテスト 最高賞に東京の会社員

全国くちびる美人コンテストでグランプリに輝いた東京都の遠藤詠美さんのリップマーク(柏崎幸三撮影)
Messenger

 全国くちびる美人コンテストが25日、山形県天童市の天童ホテルで開かれ、グランプリに東京都江戸川区の会社員、遠藤詠美さん(29)が選ばれた。

 今年で30回目を迎えたくちびる美人コンテストには、山形県内だけでなく、仙台市や東京・銀座からも参加があり、応募総数は6735票と昨年の2488票を大幅に超えた。

 審査は、上唇と下唇のバランスが取れ、紙にリップマークがしっかり押されているかどうかを基準にした。天童温泉の女将さんの会「お駒会」の高橋ゆき江さんが「『私を選んで』と叫んでいるくちびるを選んでください」と説明。

 第1次審査を通過した1757票のリップマークが貼られた会場に圧倒される中、口紅を付けて紙に押したリップマークを審査員が見比べ、唇の形や色を一つ一つ、丁寧に審査していった。グランプリ以下の各賞の受賞者は以下の通り。

 準グランプリ=荒木絵里子(49)=山形県寒河江市=▽3位=国井菜那子(27)=神奈川県相模原市=▽男性部門のダンディリップ賞=荒木孝(50)=寒河江市=▽子供部門のチャイルドリップ賞=高橋暖空(はるあ)(4)=天童市=▽夫婦などのカップルリング賞=石田賢太郎(29)、さつき夫妻(28)=福島県郡山市=。

 くちびる美人コンテストは、江戸時代に山形県の特産だった紅花が、女性の口紅の原料に使われたことから天童温泉のPRを兼ねたイベントとして平成元年から実施している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ