PR

ライフ ライフ

世界文化賞 カトリーヌ・ドヌーヴ氏らが合同記者会見「撮影をオフにして来日」

第30回高松宮殿下記念世界文化賞の記者会見後、記念撮影に応じる受賞者たち。左からミシェル・ドラゲ(絵画・代理)、カトリーヌ・ドヌーヴ、クリスチャン・ド・ポルザンパルク、中谷芙二子の各氏=22日、東京・虎ノ門のホテルオークラ東京(桐原正道撮影)
Messenger

 世界の優れた芸術家を顕彰する「高松宮殿下記念世界文化賞」(主催・公益財団法人日本美術協会=総裁・常陸宮殿下)の第30回受賞者と同賞国際顧問による合同記者会見が22日、東京・虎ノ門のホテルオークラ東京で行われた。

 出席した受賞者は、彫刻部門=中谷(なかや)芙二子(ふじこ)(85)〈日本〉▽建築部門=クリスチャン・ド・ポルザンパルク(74)〈フランス〉▽演劇・映像部門=カトリーヌ・ドヌーヴ(75)〈フランス〉-の3部門3氏。絵画部門のピエール・アレシンスキー氏(91)〈ベルギー/フランス〉は健康上の理由で、音楽部門のリッカルド・ムーティ氏(77)〈イタリア〉はスケジュールの都合でそれぞれ欠席した。

 会見では、フランスを代表する建築家・都市計画家のポルザンパルク氏が「日仏間には伝統などの面で共通点は多く、近代性や現代性などを学ぶために多くの建築家が日本を訪れている。そんな日本の賞を受けることができ感謝している」と謝辞を述べた。

 霧を使ったインスタレーション(設置芸術)やパフォーマンスで世界的に知られるアーティストの中谷氏は「家族や友人のほか、自然環境にも感謝したい。霧は自然条件で変っていくからです。霧は全身で体感できるものであり、子供にもっとも人気のあるアートです」と笑みをみせた。

 フランスを代表する女優のドヌーヴ氏は「アジアの映画、とりわけ日本の映画は大好きです。是枝裕和監督と映画を撮っている途中ですが、今回は撮影をオフにして来日しました」とにこやかに語った。

 アレシンスキー氏の代理として出席したベルギー王立美術館館長のミシェル・ドラゲ氏は、アレシンスキー氏のメッセージを代読した。

 各国の元首相らで構成する国際顧問は海外からの5氏が出席し、それぞれ同賞の意義などを述べた。中曽根康弘元首相は欠席した。

 授賞式典は23日、東京・元赤坂の明治記念館で行われる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ