PR

ライフ ライフ

ブームで行列も 将棋会館売店で買い物を楽しもう

将棋会館1階にある売店。将棋に関する商品が豊富にそろっている(田中夕介撮影)
Messenger

 藤井聡太七段(16)の活躍などで、“将棋の聖地”将棋会館(東京都渋谷区)の注目度が急上昇中だ。さすがに対局場には入れないが、1階の売店(販売部)なら誰でも買い物ができるのだ。いったい、どんなものが売られているのだろうか。

充実した書籍

 会館の建物に入ってすぐ左手が売店スペースだ。まず驚かされるのは、売店に入って左手の将棋関連書籍の多さだ。「何冊くらいあるのですか?」と尋ねたが、日本将棋連盟販売課主任の出口敏行さんも答えに窮した。それほど多いのだ。「これだけそろっている所は他にはないですね」(出口さん)と大型書店をしのぐ。実際、書店では扱っていない詰め将棋の本もある。

 書籍の売れ筋は、初心者本と高段者向けという。将棋ブームの影響で、特に初心者本が増えた。「詰め将棋」「初心者」の特設コーナーも設けた。「詰め将棋コーナー」には初心者向けの1手詰の本も。「初心者コーナー」には羽生善治(はぶ・よしはる)竜王(48)の関連本が数多く並んでいる。

 一方、有段者向けには棋士の著書が並ぶ。雁木(がんぎ)、藤井システム、右玉、横歩取り、穴熊など戦型や戦術が勉強できる。

 日本将棋連盟所属の全棋士のデータや8大タイトルなど将棋界の1年が分かる「将棋年鑑」(税込み4968円)、月刊誌「将棋世界」(同800円)も購入できる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ