PR

ライフ ライフ

稲刈り、華麗にスーツ姿で 「汚い、きつい」払拭狙う

スーツ姿で稲刈りをする斎藤聖人さん=4日、山形県川西町
Messenger

 黒いスーツ姿の男性が、稲刈り機を華麗に操り、黄金色に輝く稲を収穫している。首にはネクタイ、頭にはハット。田園風景の中でひときわ目立つのは、山形県川西町で農業を営む斎藤聖人さん(30)。地元では「スーツ農家」として有名だ。

 「せっかくやるなら楽しまなくちゃ」。斎藤さんは、農業の「汚い、きつい」というイメージ払拭が狙いだ。都会の暮らしに憧れて地元を離れ、東京などで建築関係の職に就いたが、結婚を機に将来の子育ては自然豊かなふるさとでと思い、350年続く農家を継ぐ決心をした。

 ただ、一般的な作業着を着るのは「ダサくて嫌だった」。周囲から「農業をなめてんのか」といった反応はある。それでもかたくなにスーツを着続ける背景には、日本の農業への危機感もあるという。

 斎藤さんは、インターネットで積極的に自身の情報を発信。夢である「日本一有名な農家」を目指し、今日もスーツに袖を通す。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ