PR

ライフ ライフ

神戸ビーフ ブランド守れ 訪日客人気で価格高騰「偽装」調査へ

Messenger

 神戸の繁華街・三宮地区を中心に高級和牛ブランド「神戸ビーフ」の看板を掲げる飲食店が急増していることを受け、食肉の生産者や流通業者らでつくる認定団体「神戸肉流通推進協議会」(神戸市)が年内にも、神戸ビーフの流通調査に初めて乗り出すことが20日、関係者への取材で分かった。外国人観光客に人気の神戸ビーフは価格高騰で希少性が高まっており、偽装など悪質なケースがないか調べる。

 神戸ビーフは血統や飼育環境などに厳しい条件がある「但馬牛」で、霜降りなどの肉質について基準を満たすものだけを同協議会が認定している。同協議会は神戸ビーフを扱う店の登録制を目指し、登録店にはブロンズ像を配布して保証するなどしているが、登録自体は任意のため、各飲食店の実態は把握できていなかった。

 同協議会は今後、卸売業者などと協力し各飲食店の神戸ビーフ取扱量を調査。取扱量の多い店には協議会への登録を促すほか、小規模店にも協議会が権利を持つ「神戸ビーフ」「神戸牛」などの商標について、使用の許諾申請を求める方針。また調査の結果、神戸ビーフと偽って販売や提供している店があれば指導し、地域の農林水産物や食品をブランドとして保護する政府の「地理的表示(GI)保護制度」に基づいて農林水産省に通報することも検討する。

 同協議会は「ブランドは信用が大切。神戸ビーフの価値をさらに高めるためにも、特に観光客が多く訪れる三宮地区の実態把握は必要」としている。

未登録・安すぎる店急増

 「神戸ビーフ」を提供する飲食店が急増している背景には、外国人観光客からの人気の高さがある。神戸肉流通推進協議会の国内の登録飲食店は外国人観光客の増加に合わせて平成21年の31店から現在は117店まで拡大しており、多くの店が外国人向けのPRを強めている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ