PR

ライフ ライフ

【浪速風】藤井16歳と大谷“二刀流”「新人王」には規格外れだが(10月18日)

優勝を決め、出口若武三段と感想戦を行う藤井聡太七段=17日午後、大阪市福島区の将棋会館(寺口純平撮影) 
Messenger

 また「最年少」の勲章が増えたが、もう驚きはない。将棋の藤井聡太七段が16歳2カ月で新人王戦に優勝し、17歳0カ月だった最年少記録を31年ぶりに更新した。新人王戦の参加資格は「26歳以下」かつ「六段以下」などで、参加が決まった時点では四段だったが、とんとん拍子の昇段で今期が最後である。

 ▼あまりに成長が早く、洋服が着られなくなったようなものか。ラストチャンスをつかむのだから、やはり強い。最年少プロ棋士(四段)から始まって、昇段記録、通算50勝、全棋士参加棋戦優勝、公式戦100局到達などいずれも史上最年少。あとは、いつタイトルを獲得するかだ。

 ▼新人王といえば、こちらも注目する。米大リーグで“二刀流”に挑戦した大谷翔平選手である。投手としては右肘の故障でシーズン前半に登板しただけだったが、打者での大活躍は見事だった。何かにつけベーブ・ルース以来という話題性もあり、文句なしと思うが、どうだろう。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ