PR

ライフ ライフ

藤井聡太七段、新人王戦初V 最年少記録を31年ぶり更新

新人王戦決勝三番勝負第2局。藤井聡太七段(右)と出口若武三段の対局が始まった=17日午前10時、大阪市福島区の将棋会館(前川純一郎撮影)
Messenger

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)とプロ棋士養成機関「奨励会」の出口若武(わかむ)三段(23)が対戦する「第49期新人王戦決勝三番勝負」(しんぶん赤旗主催)の第2局が17日、大阪市福島区の関西将棋会館で指され、藤井七段が出口三段に勝ち、2連勝で新人王戦初優勝を果たした。藤井七段は16歳2カ月での優勝となり、これまで新人王戦の最年少優勝記録だった、十八世名人の資格を持つ森内俊之九段(48)の17歳0カ月を31年ぶりに塗り替えた。

 新人王戦は参加資格が「26歳以下」かつ「六段以下」などに限られており、当初四段だった藤井七段はスピード昇段したため、今期が最後の参加。見事、新人王獲得のラストチャンスをものにした。

 藤井七段は2月に全棋士参加の朝日杯将棋オープン戦で初優勝し、15歳6カ月の最年少優勝記録を樹立。今回で2回目の一般棋戦優勝となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ