PR

ライフ ライフ

先生は「AIロボ」英語学習、小中学校で導入広がる

AIロボットに向かって英語で話しかける生徒ら=15日午後、京都市左京区の同志社中学校
Messenger

 英語学習はロボットにお任せ-。全国の小中学校で、英語の授業に人工知能(AI)を搭載したロボットを活用する動きが広がっている。会話の機会が増えて子供の意欲が高まる一方、教員の負担軽減といった効果も表れ始めている。小学校での英語教育の本格導入が2年後に迫る中、専門家は「導入を加速していくべきだ」と話す。(浜川太一)

 15日午後、京都市左京区の同志社中学校。1年の生徒18人が、机に置かれた小型ロボット(高さ約20センチ)と向き合っていた。

 女子生徒が「Which season do you like?(どの季節が好きですか)」と話しかけると、ロボットが「I like fall(秋が好きです)」と応じた。ロボットの流暢(りゅうちょう)な発音に、「とてもわかりやすいし、何度でも尋ねられるので安心」と生徒から笑みがこぼれた。

 同校では実践的に英語を学んでもらおうと、2年前から全国で初めて英語学習用のAIロボット「Musio X(ミュージオ エックス)」を導入した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ