PR

ライフ ライフ

【虫撮り人】台風一過、復興の達人 クモの生息数全国最多の東京

「クモ探しの秘訣は、何もないはずの空間に目を凝らすこと」と話す新海栄一さん=あきる野市留原
Messenger

 長い脚、毒々しい色-。クモは嫌われる生き物の筆頭だろう。でも、人にとっては害虫を捕食してくれるありがたい存在であり、観察対象としても興味の尽きない生き物だ。

 そんなクモを観察するのに最適な季節が秋なのだという。今回はシリーズ「虫撮り人」秋の番外編として、東京都国分寺市に住むクモ研究の第一人者、新海(しんかい)栄一さん(69)と「クモ撮り」に出かけた。

 新海さんお薦めの場所は、東京都あきる野市留原の都立小峰公園。台風24号の首都圏直撃から2日後の3日朝、園内は倒木や折れ枝が随所にみられ、クモの巣もほとんどが壊滅してしまったはず、と思いきや…。

 園路の生け垣の枝の間に「秋の空の女王」の異名を持つジョロウグモの円形の網が軒を連ねるように張られていた。「半日あれば網は復旧できますから。台風一過で大忙しだったでしょう。クモはめげずに頑張りますよ」と新海さん。

 脚が1、2本なくなった個体が多いのは、台風の爪痕に違いない。

 アシナガサラグモのお椀(わん)を伏せたようなドーム形の網も、まるで団地のように連なっていた。この公園はクモが巣をかけやすくするため、わざと生け垣の刈り込みを控えめにしているのだという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ