PR

ライフ ライフ

うつぶせ寝の死亡事故、「認可外」が「認可」の4倍 基準の緩さ背景に

Messenger

 全国の保育施設で平成24~29年の過去6年間、うつぶせ寝による子供の死亡事故が29件発生し、このうち認可外保育施設での事故が23件で約8割を占め、認可保育所(6件)の4倍近くに上っていることが、内閣府の集計で分かった。認可外施設では保育士の少なさから、子供の異変に気付きにくいことが背景にあるとみられる。東京都内の認可外施設で今月3日に発生した死亡事故でも、職員は約30分にわたって目を離していたと説明。子供の安全性確保に課題が残る現状が改めて浮かび上がった。

8割が認可外

 内閣府の「平成29年教育・保育施設等における事故報告集計」によると、24~29年の睡眠中の死亡事故のうち「うつぶせ寝」は認可保育所で6件、認可外施設で23件発生。施設数は認可保育所が2万3410カ所(29年4月現在)であるのに対し、認可外施設は1万1484カ所(28年3月末現在)と半分以下で、発生率の高さがうかがえる。

 過去6年の発生件数は、認可外施設で25年の7件が最多で、27年6件、28年2件、29年1件と続いた。認可保育所は24、25、28年に各2件ずつ起きている。

 内閣府が28年3月にまとめたガイドラインでは、乳児の窒息リスクを取り除くために「あおむけに寝かせることが重要」と注意を呼びかけ、「何よりも1人にしない、寝かせ方に配慮を行う、安全な睡眠環境を整える」ことが事故の未然防止につながると指摘している。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ