PR

ライフ ライフ

【編集者のおすすめ】『心配事がスッと消える禅の習慣』松原正樹著 日本人に合った心の鍛え方

『心配事がスッと消える禅の習慣』
Messenger

 初めて松原正樹さんにお会いしたのは東京都港区の龍源寺。松原さんが27歳で渡米するまで過ごされた由緒あるお寺だ。ベストセラー作家で祖父の松原泰道(たいどう)師から、禅の薫陶を受けられた場所だった。

 松原さんはジーパン姿(!)で登場。想定外の姿に目が点になったが、満面の笑みで接してくださる松原さんの醸すオーラはとても柔らかく、安心して話せた。

 快活な見かけとは裏腹に、松原さんは心配性だったそう。米国に渡ってから仕事や生活の心配事にとらわれないよう、禅の教えをベースに心を鍛えていったという。心配事の9割は取り越し苦労。心を鍛えれば何事にも悩まず苦しまずにすむ。

 そんな「心の鍛え方」をまとめたのが本書である。松原さんは、スタンフォード大学やグーグル本社でも心の鍛え方を伝えている。不安やストレス、プレッシャーを乗り越えるための方法として、アメリカで禅は大人気なのだ。

 禅は仏教の一宗派だが、松原さんの伝える禅は、宗教や国籍、人種を問わない。

 「生活に役立たない禅など何の意味もありません」と飄々(ひょうひょう)という。日本人でも、禅と聞くと小難しい印象があるが、アメリカを経た松原流の禅は、とても現代的でわかりやすい。もちろん、禅の本質は失われていない。

 「歩く瞑想(めいそう)」「食べる瞑想」「世界一簡単な坐禅(ざぜん)」など、どこでもいつでも簡単にできる「瞑想法」をぜひ試していただきたい。忙しくて、悩みの多い現代人の生活の支えになってくれるはずだ。(アスコム・1100円+税)

 アスコム編集部 堀田孝之

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ