PR

ライフ ライフ

【昭和天皇の87年】大物右翼結集 皇太子妃内定解消の流れを覆した杉浦重剛の大和魂

Messenger

宮中某重大事件(3)

 裕仁皇太子に学問としての帝王学を教え、お妃候補に内定した良子女王(久邇宮家第1王女)の家庭教師も務める東宮御学問所御用掛、杉浦重剛の思想と行動は、杉浦が深く尊敬する吉田松陰のそれに近い。二人とも「やむにやまれぬ大和魂」を持つ熱血漢で、正義を実現するためなら命を惜しまなかった。

 その杉浦が、久邇宮家の教育係だった後閑菊野(のちの桜蔭高等女学校初代校長)から、驚くべきことを伝えられたのは大正9年11月18日である。

 「ご婚約の内定が、取り消されることになりそうです」

 「何っ!」

 良子女王に色覚異常の遺伝の可能性があること、それを理由に山県有朋ら元老、宮中高官が婚約解消を画策していること-を知った杉浦は、獅子のごとく伸びた髭(ひげ)をピリピリ震わせた。

 「閥族めが。綸言(りんげん)汗の如しの格言を知らんのか」(※1)

 それまで杉浦は裕仁皇太子に、帝王に必要な知・仁・勇を説き、頭で理解するだけでなく「実践躬行(きゅうこう)」こそ大切である-と指導してきた。そして杉浦のみるところ、裕仁皇太子への帝王教育は期待以上の成果を上げていた。

 「内定を取り消せば、これまで教えてきたことが水泡となろう。山県らの陰謀を断固阻止しなければならぬ」

 以後、杉浦は猛然と婚約続行の運動を展開する。12月4日に東宮御学問所へ辞表を提出して不退転の決意を示すと、その前後から各界の有識者に内定解消の不義を連日説いて回った。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ