PR

ライフ ライフ

【都民の警察官横顔(5)】更生願い、母親のように諭す 組織犯罪対策総務課 粟生陽子(あわお・ようこ)警部補(50)

Messenger

 結婚・出産後は、母親ならではの包容力を取り調べで発揮。平成27年、組織犯罪対策特別捜査隊で偽造クレジットカードを使った詐欺事件を捜査した際は、逮捕した末端の実行犯の更生を願いながら「人生何回でもリセットできるんだから」と諭した。組織の全容を供述させ、詐欺グループの壊滅にこぎつけた。

 最近、2人の息子が「将来は刑事になりたい」と口にするようになった。警察官だった父親の背中を追いかけた自身を振り返り、「一生懸命やってきたことに間違いはなかった」と顔をほころばせた。(安里洋輔)

 あわお・ようこ 埼玉県出身。昭和62年入庁。新宿署、組織犯罪対策5課などを経て、平成29年から現職。家族は警視庁勤務の夫、隆介さん(56)と長男(20)、次男(17)。座右の銘は「楽あれば苦あり、苦あれば楽あり」。

=おわり

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ