PR

ライフ ライフ

13日から見学可能 豊洲市場の楽しみ方は…

Messenger

 青果棟でも旬の野菜や果物の買い付けの様子が見られる。見学者コースには、クロマグロの模型や、乗って記念撮影ができる小型運搬車「ターレ」の展示もある。

 一方、飲食店と温泉などが組み合わさった観光拠点として敷地内に開業するはずだった「千客万来施設」は移転延期の影響で、着工が2020(平成32)年東京五輪・パラリンピック後の32年10月にずれこんだ。開業は35年春になる見通しで、着工までの予定地の活用法は現在、イベントなどに使うとしているが、詳細は検討中だという。

 見学は13日から(豊洲市場開場日のみで、13日は午前10時~午後5時、14日は休み、15日以降は午前5時~午後5時)。無料で予約不要。生マグロの競りは午前5時半ごろから始まる。小中学生や高校生の団体見学は来年1月15日から。物販・飲食店の営業時間は各店舗で異なる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ