PR

ライフ ライフ

湘南モノレールが独鉄道と姉妹提携 五輪にらみ観光PRへ

Messenger

2017(平成29)年の年間乗降客は約1100万人。2020(同32)年に全線開通から50周年を迎える。

 国内にある懸垂式は、千葉都市モノレール(千葉市)と東京・上野動物園内にあるモノレール、広島市のスカイレールの3つのみで、世界的にも珍しい。湘南モノレールの尾渡英生社長が訪独してヴッパータール空中鉄道のウーリッヒ・イエガー社長に姉妹提携を提案し、互いに観光PRへ取り組むことで合意したという。

 湘南モノレールでは、提携記念入場券や記念キーホルダーを9月に発売したが、人気のため完売。現在は大船駅に記念スタンプを設置し、全国の鉄道ファンから人気を集めている。

 ツアー企画も検討

 同社では来年度以降、ヴッパータール空中鉄道との間で共同利用できる割引チケットの導入や、同鉄道への乗車を目玉にした海外ツアーの企画などを検討するという。

 さらに、100年以上にわたって運行する同鉄道に社員を派遣することで、経営理念や運行管理体制を学ぶことも「大きなメリットになる」(湘南モノレール)としている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ