PR

ライフ ライフ

小惑星探査機はやぶさ2、最初の着地を来年1月以降に延期

Messenger

 小惑星「リュウグウ」への最初の着地を来年1月以降に延期することを決めた宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」のチームが11日、都内で会見し、目的地に正確に着地する準備のため延期することを明らかにした。

 当初は今月下旬に着地する計画だったが、地表は大小の岩石が多く、着地に適した平らな場所は予想以上に狭いことが観測で判明。着地点は絞り込んだが、そこに正確に着地するには、降下する際の位置精度をさらに検証する必要があると判断した。

 地表の状況について津田雄一プロジェクトマネージャは「砂地の上に岩があるのではなく、大小の岩の集合体でできている。意外なことだ」と話した。

 これまでの探査では、高度約50メートルまでは高精度に降下できた。さらに着地に至るまでの位置精度について、訓練を通じて慎重に検証する必要があるという。津田氏は「リュウグウがいよいよ牙をむいてきた。はやぶさ2の実力について、もう少し知る必要がある。一度立ち止まろうと思う」と語った。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ