PR

ライフ ライフ

「薬剤耐性菌」対策、成果は見えたか 患者の納得で使用の大幅減も

風邪と診断された際に抗菌薬を希望する患者の割合
Messenger

 放置すれば2050年には、世界でがんを上回る年間1000万人が死亡する-。抗生物質(抗菌薬)が効かない細菌「薬剤耐性菌」には、こんな怖い推定がされている。政府は平成28年、抗菌薬の適正使用を柱の一つにした耐性菌対策の行動計画を策定した。それから2年。患者の「納得」で抗菌薬の使用を大きく減らした診療所も出てきている。

                   

 抗菌薬の使い過ぎが原因の一つ

 耐性菌が増える原因の一つは抗菌薬の使い過ぎだ。代表例は風邪の診療。原因のほとんどがウイルスで、抗菌薬は効かないのに「念のため」の処方も多いといわれる。

 行動計画は、幅広い細菌に効果があるマクロライド系抗菌薬などを中心に使用量の大幅削減を目指す。それを受け政府は診療指針の整備や啓発などに取り組んでいる。

 国立国際医療研究センター(東京)の「AMR(薬剤耐性)臨床リファレンスセンター」が25年以降の抗菌薬販売量を集計したところ、28年まではほぼ横ばいだったが29年は25年比で7・8%減となった。

 具芳明(ぐ・よしあき)情報・教育支援室長は「啓発の成果が表れ始めた可能性がある。30年度からは抗菌薬の適正使用が診療報酬でも評価されているので削減が一層進むのでは」と話す。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ