PR

ライフ ライフ

【動画あり】豊洲市場初競り 2年遅れで開場 近代的施設で「日本の台所」へ

豊洲市場の見取り図
Messenger

 築地市場(東京都中央区)の閉場に伴い移転した都の新たな中央卸売市場の豊洲市場(江東区)が11日、当初の予定から2年遅れで開場した。83年の歴史に幕を閉じた築地市場を引き継ぐ豊洲市場は、近代的施設で今後の「日本の台所」を担う。同日早朝から新市場で初めての競りが行われ、生マグロの最高値は428万円(青森・三厩(みんまや)産、214・0キログラム)だった。

 約40ヘクタールの豊洲市場は築地市場の約1・7倍の広さで、約6千億円かけて整備された。開放型の築地と違い、閉鎖型で24時間、低温で商品を管理する「コールドチェーン」が実現し、衛生面で大きく進歩した。施設が国際水準となり、加工なども市場内で衛生管理しながら行えることから消費者サイドの注文により細かく対応することが可能。国内遠隔地や海外を含む今後の販路拡大も期待される。

 豊洲市場は当初、平成28年11月の開場予定だったが、同年就任した小池百合子都知事が安全性への懸念などを理由に移転延期を決断した。その後、豊洲市場の建物地下に土壌汚染対策として行われるはずだった盛り土がされていない問題が発覚したほか、地下水から環境基準を超える有害物質が検出されたことから、小池氏を中心に築地再整備も含めた検討に着手。昨年6月に小池氏が豊洲移転・築地再開発を表明した。

 一般客の見学や、物販・飲食店の利用は13日から。マグロの競り見学は年末年始の繁忙期を終え、市場が落ち着く来年1月15日から始める予定。築地では間近で競りを見ることができたが、豊洲は一般客の動線を分けており、ガラス越しに見学する。閉場した築地市場の解体工事も11日、始まる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ