PR

ライフ ライフ

【本郷和人の日本史ナナメ読み】水戸学と「尊皇」(下)維新を先導して人材が絶えた藩

武田耕雲斎像(模本、東大史料編纂所)
Messenger

 最近ネットの記事で、若い研究者の方が、「公武合体」と「尊皇攘夷(じょうい)」とは対立的な概念ではないのだ、私はそれを明らかにした、と力説されているのを読みました。あれ?とぼくは首をかしげました。それって、もう司馬遼太郎の昔から、指摘されていることではないのかな?と。

 天皇や朝廷を敬う「尊皇」。それは幕末の人々の間では、ひろく共有されていました。「尊皇」は当然だが、その旗頭としての徳川将軍家を支持するのが「佐幕」。いや徳川幕府はけしからんというのが「倒幕」の立場で、倒幕も平和的なやり方(大政奉還につながる)と「武力倒幕」がある。西郷さんが最後までこだわったのが、「武力倒幕」です。

 こうみていくと「公武合体」、すなわち朝廷と幕府が一体となって国難に立ち向かおうとする考え方は、「武力倒幕」とはさすがに相いれないでしょうが、平和的な「倒幕」とならば、折り合うことができます。たとえば、皇族と密な関係を保った徳川家が、天皇を奉じて大統領とか後の総理大臣のように政治の第一線で働く。たぶん徳川慶喜は大政奉還を行った上で、この形での生き残りを模索していたはずです。

 「攘夷」もまた、いってみれば「国是」でした。圧倒的な欧米列強の力に屈せず、日本人が自立する。このとき、やみくもに外国人と見れば斬りつける(たとえば通訳のヒュースケン殺害事件とか)というのが「野蛮な」攘夷です。それに対し、一旦は外国とつきあって力を付け、しかる後に国を強くし自立、という「柔軟な」攘夷もありました。尊皇の志士たちははじめ「野蛮な」攘夷の狂気に身を委ねる傾向にありましたが、次第に列強の経済力・軍事力を理解し、「柔軟な」攘夷に転換していきました。明治政府がうたった「和魂洋才」はこの立場です。

 何という作品のどのあたりか、たぶん伊東甲子(かし)太郎との訣別(けつべつ)あたりと記憶しています。正確には忘れましたが、司馬先生は、新選組局長の近藤勇に「私も尊皇攘夷を旨として行動している」と語らせています。それくらい、「尊皇攘夷」は、当時の人たちに広く共有されていたスローガンでした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ