PR

ライフ ライフ

【書評】『特捜投資家』永瀬隼介著

『特捜投資家』永瀬隼介著(ダイヤモンド社・1500円+税)
Messenger

 有馬浩介は崖っぷちの売れないジャーナリスト。ネタを求めて潜り込んだパーティーで凄腕(すごうで)の投資家、城隆一郎と出会う。城は革命的な電池を開発したベンチャー企業の調査を依頼してくる。〈カネを稼ぎたいんだろう。カネがなきゃ、この世は地獄だ〉。だが、取材も地獄だった。

 取材を通じて、少しずつ真実に迫っていく有馬。この国の倫理は地に落ちて、捜査機関も役立たずだ。ごっそり金儲(もう)けするついでに俺が不正企業を叩(たた)きつぶす。そんなことを豪語する城にも、壮絶な過去が…。現代社会の歪みを背景に疾走する悪漢小説。(ダイヤモンド社・1500円+税)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ