PR

ライフ ライフ

【動画あり】豊洲市場への引っ越し本格化 短期決戦…築地市場は11日から解体工事

築地市場から豊洲市場へ集団のターレが移動した=7日午前、東京都江東区の豊洲市場(佐藤徳昭撮影)
Messenger

 6日に閉場した築地市場(東京都中央区)から11日に開場する豊洲市場(江東区)への引っ越しが本格化している。7日も小型運搬車「ターレ」や関係車両が、早朝から築地市場から約2・3キロ離れた豊洲市場へと自走して移動した。ターレは小型特殊自動車に分類され、最高時速15キロ以下と低速のため、連日午前5~8時を専用の時間としている。

 7日午前5時過ぎ、うっすらと空が白む中、100台ほどのターレが築地市場を出発した。また、豊洲市場では業者が荷物の運び込みやショーケースの設置などを行っていた。「堺周(さかしゅう)商店」の社員、五十嵐和忠さん(37)は「築地とは勝手が違うし、顧客への配送時間、経路が変わるので大変だが、心機一転がんばりたい」と話した。

 都は引っ越しがスムーズになるよう、共用前で一般車両が走っていない環状2号線(環二)を専用道路として開放。築地市場閉場の6日から豊洲市場開場前日の10日までを引っ越しの集中期間と定めており、期間中には約900の事業者がターレとフォークリフト計約2600台と2トン車で約4700台分の備品を運ぶ。80年以上の歴史を誇る市場を移す大事業は、豊洲市場の開場日を連休後に設定することで、短期間で作業が進むよう調整が図られてきた。

 都では、混雑分散を呼びかけており、築地市場閉場前に公道を使った作業を進めるようにしたほか、荷物が運びきれなかった場合のために、豊洲市場開場後にも引っ越し調整期間を設けている。ただ、築地市場では11日から解体工事が始まり、18日には閉鎖されるため、都や業界にとっては短期間の総力戦となっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ