PR

ライフ ライフ

最後まで威勢良く 築地の業者たち「生きがいだった」

Messenger

 午前6時過ぎには青果卸売場でも競りが始まった。新鮮な魚と野菜を一気に手に入れることができるからこそ、仕入れ業者や飲食店から築地は重宝された。ある飲食店店主は「築地は買い回りに便利で、店に必要な物が何でもそろった。最新の設備を持つ豊洲も期待している」と話す。

 別れを惜しむ一般客も場内の飲食店に列をなし、間もなく解体される建物を写真に収めるなどしていた。夫婦で訪れた北区の男性会社員(52)は、「もっと通えばよかった。築地場内最後のすしを楽しみます」と名残を惜しんだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ