PR

ライフ ライフ

【編集者のおすすめ】本当に「許せない悪政」なのか 『徹底検証 安倍政権の功罪』

Messenger

 先の自民党総裁選挙において安倍晋三総理は石破茂元幹事長にダブルスコア以上の得票数で圧勝し、3選を果たした。この結果に胸をなで下ろした方も多いのではないか。何しろ、この数年来、多くのマスメディアでは「安倍政治を許さない」というスローガンが散見され、それに伴って支持率が低下し、政権が倒れる恐れもあったのだから。

 本書の序文で著者は、日本経済の各種指標が劇的に改善され、日本が国際社会で中心に位置するようになり、安全保障の土台が構築されてなお、「安倍政治は許せない悪政なのか?」と問うた。それを検証するために、著者は安倍政治の5年8カ月を、経済・外交・安全保障の3分野を軸に、膨大な資料を渉猟、提示し、公正に論評している。

 安倍総理は、なぜ慎重だったTPPへの参加を決断したのか? オバマ時代に冷え込んでいた日米関係をここまで修復できたのはなぜか? いかにして習近平の「野望」に競り勝ち続けたのか? 特定秘密保護法や集団的自衛権解禁を急いだのはなぜか? 「増税延期」「農協改革」を断行した舞台裏とは?

 これらの疑問に、「反安倍」のマスメディアは決して答えようとはしないし、光を当てることもない。それゆえ、本書の読者の方々は「目からウロコ」のことと思う。

 書名に「罪」と謳(うた)っているが、それは日本が直面する難題を指す。人口減少、地方創生、労働政策…。一転して手厳しい筆致だが、安倍政権への応援歌に他ならない。(悟空出版出版部長兼編集長 白石泰稔)

 (小川榮太郎著/悟空出版・1400円+税)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ