PR

ライフ ライフ

【正論】明治の豊かな言論を取り戻せ 日本大学教授・先崎彰容

日本大学教授・先崎彰容氏
Messenger

 ≪人格攻撃が先鋭化する日本

 先日、筆者はある座談会に出席した。「近代日本一五〇年」をめぐり、保守主義の立場から意見を述べるよう依頼を受けたのである。昨今の政治状況は「愛国VS左翼」「保守・自民党VSリベラル・立憲民主党」のような、極端な二項対立にはまり込んでいる。結果、内政外交に課題が山積であるにもかかわらず、些末(さまつ)な人格攻撃がマスコミをにぎわしている。北朝鮮の動きを注視せねばならないときに、トップニュースが性的不祥事で埋め尽くされている。

 こうした「1億総週刊誌化」した現状では、世の中の出来事を、善悪で明瞭に腑分けし、「悪い」奴をやり玉にあげることばかりに時間が費やされる。貧困な言葉が空中戦をくり広げている現状を、少しでも俯瞰(ふかん)してみたい。こうした思いが、明治維新から150年という節目も意識し、座談会を組んだ趣旨だと聞かされていた。

 この企画趣旨を聞いたとき、筆者にはやるべきことが、すぐさま了解できた。明治期の保守思想がもつ可能性をしっかりと主張する。そのことで現代社会の硬直しやせ細った言論空間に風穴をあける、という役割である。本稿では座談会で言い漏らしたことも含めて、明治人たちの豊饒(ほうじょう)な言葉の海を再現してみることにしよう。

 ≪違和感唱えた谷干城の意見書

 ふつう私たちは明治初期を「明治藩閥政府VS自由民権運動」という図式で教えられる。しかしこれが全くの間違いなのだ。藩閥政府が推し進めたのは、言うまでもなく「西欧化」である。具体的には法治主義の徹底であり、経済における自由主義の導入、そして鹿鳴館に代表される文明化であった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ