PR

ライフ ライフ

生きる女性の苦悩と覚醒、鮮烈に…「コンビニ人間」から2年、芥川賞作家・村田沙耶香さんが新作「地球星人」出版 

「幼い頃よく行った田舎での話を、一回書きとめたかった」と話す村田沙耶香さん(斎藤良雄撮影)
Messenger

 大ベストセラーとなった芥川賞受賞作『コンビニ人間』から2年。作家、村田沙耶香さん(39)が新しい長編『地球星人』(新潮社)を出した。目の前の世界に強い疎外感を抱いたまま、小学生から大人になる女性の苦しみと自由への覚醒(かくせい)を鮮烈に描く。「人間という“生き物”を、もっと知りたい」という尽きぬ欲望の結晶でもある。(海老沢類)

 主人公の奈月にとって、世界は人間を作る〈工場〉に見える。街には人間のつがいの〈巣〉が並び、そこで生み育てられた子供が〈出荷〉されて〈世界の道具〉になるのだ、と。〈働く道具〉にも〈社会のための生殖器〉にもなれずに苦しむ奈月は、理不尽な性被害を受けながらも、祖父母が暮らす長野の山村・秋級(あきしな)に帰省した際に、いとこの由宇(ゆう)と交わした〈なにがあってもいきのびること〉という誓いを胸に生きる。

 ただ、ネット上で見つけた男性と結婚し「普通」を演じても、生きづらさは一向に変わらない。そんなある日、夫婦で訪れた秋級で由宇と再会し世間とは違う小さな共同体が生まれる。

宇宙人の目

 「転んでいる子供がいたら『大丈夫?』って声をかけたり…と、気持ちはウソではなくても、人間って一定の『型』に合わせて振る舞う部分がある。それが不思議だし面白い」と村田さん。「でも、その『型』を取っ払った世界も絶対にある。それが見えないのが私は悔しいんです」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ