PR

ライフ ライフ

本庶氏、ノーベル賞賞金「大学の基金として寄付」

Messenger
ノーベル医学生理学賞の受賞決定から一夜明け、記者会見する本庶佑京都大特別教授=2日午前、京都市
ノーベル医学生理学賞の受賞決定から一夜明け、記者会見する本庶佑京都大特別教授=2日午前、京都市

 ノーベル医学・生理学賞の受賞が決まった京都大特別教授の本庶佑(ほんじょ・たすく)さん(76)は2日、産経新聞の単独取材に応じ、ノーベル賞の賞金について「(若い研究者をサポートするための)大学の基金として寄付したいと思っている」と述べた。

 ノーベル賞の賞金は、900万スウェーデンクローナ(約1億1500万円)。共同受賞者の米テキサス大のジェームズ・アリソン教授と分けることになり、一人あたり約5750万円となる。本庶さんは受賞後の会見などでも、「ライフサイエンスは未来への投資。ぜひ基礎研究にかかわる若い人を長期的に支援してほしい」などと、研究者育成の必要性を語っている。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ