PR

ライフ ライフ

逆転の発想 がん治療の新時代開く 本庶佑氏ノーベル賞

Messenger
がん免疫治療薬の概念
がん免疫治療薬の概念

 本庶佑氏の研究成果をもとに開発されたがん治療薬は、従来と全く異なるメカニズムで高い効果を発揮する。人の免疫を抑えて生き延びるがん細胞の作戦を打破する画期的な仕組みで、がん治療の新たな時代の扉を開いた。

 化学物質を使った従来の抗がん剤は、がん細胞を直接攻撃する。これに対し本庶氏が生み出した薬は免疫細胞に作用し、その攻撃力を高めてがんをやっつける。つまり、自分の力でがんと戦うための薬だ。

 免疫の力でがんを治療する考え方は以前からあり、がんワクチンなどが試みられてきたが、思うような効果は得られなかった。その理由を自動車に例えると、免疫を強めようとアクセルをいくら踏んでも、実はがん細胞が巧妙にブレーキをかけていて、前進できなかったのだ。

 これを見抜いた本庶氏は、ブレーキ役のタンパク質が働かないようにすれば治療できると確信。予想は的中した。アクセルを踏むのではなく、ブレーキを外すという逆転の発想だ。

 がんの治療は外科手術、放射線、抗がん剤が三大療法と呼ばれる。免疫療法は大して役に立たないと考えられてきただけに、常識破りの成果は世界に衝撃を与えた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ