PR

ライフ ライフ

「新潮45」休刊

Messenger

 性的少数者(LGBT)をめぐる特集での表現が批判されていた月刊誌「新潮45」が事実上の廃刊に追い込まれた。出版社の顔といえる雑誌の「休刊」に発展した一連の騒動は現代社会の何を映し、どんな問題を投げかけたのか。識者に聞いた。

                   ◇

 同性愛者を公表 元参議院議員・松浦大悟さん

 議論ないまま終幕、残念

 突然の休刊決定には大変驚きました。賛成と反対の両論を載せて検証した上で発行を継続するのが望ましかったと思う。確かに杉田水脈(みお)議員の論文には知識と情報の不足から来る誤解がある。私は「新潮45」10月号の特集への寄稿でそうした情報を訂正し、杉田議員に胸襟を開いて議論したいと呼びかけました。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ