PR

ライフ ライフ

モスバーガーで食中毒 生野菜が原因?家庭も注意を

Messenger

 ハンバーガーチェーン「モスバーガー」を8月に利用した客28人が、腸管出血性大腸菌「O121」による食中毒を発症した。原因食材は判明していないが、肉の加熱不足や野菜の汚染が原因の可能性がある。家庭の食事でも注意が必要だ。(平沢裕子)

                  ◇

 患者からO121

 腸管出血性大腸菌は、主に牛など動物の腸管内にいる細菌。食中毒の原因となるのは「O157」が多いが、今回検出されたO121も同様に食中毒を引き起こす。京都大東南アジア地域研究研究所の西渕光昭(にしぶち・みつあき)教授(病原細菌学)は「O157に比べ頻度は低いとはいえ、O121による食中毒でも、溶血性尿毒症症候群や腎機能障害など重篤な症状となった患者が報告されている。これらの菌は10個以下などごくわずかの菌数でも感染し発症する」と説明する。

 モスフードサービス(東京都品川区)によると、8月10日から23日の間に、関東・甲信地域にある19店舗を利用した28人の患者のうち、検査が終了した10店舗13人のO121の遺伝子型が一致していた。同社は、「同時期にチェーン本部から納入した食材が病因となった可能性が極めて高い」とするが、「どの食材が原因かは現時点では分からない」という。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ