PR

ライフ ライフ

【書評】書評家・石井千湖が読む『ベルリンは晴れているか』深緑野分著 敗戦国で少女が求めたもの

『ベルリンは晴れているか』深緑野分著
Messenger

 戦争はあらゆる時代のあらゆる場所で起こっているが、当事者が味わった苦痛は、唯一無二の、誰とも共有できない体験だ。おびただしい数の人の癒やされなかった悲しみや怒りは、語る声を持たないままいつまでも消えずに降り積もっていく。だからこそ『ベルリンは晴れているか』のような小説が生まれるのだろう。本書は直木賞候補作『戦場のコックたち』で注目を集めた深緑野分が、第二次世界大戦後のドイツを舞台にした歴史ミステリーだ。

 1945年7月、ナチス・ドイツの敗北によって米ソ英仏4カ国の統治下におかれたベルリン。兵員食堂で働くドイツ人の少女アウグステが、憲兵隊に連行されるところから物語は始まる。

 両親を失ってナチから逃げていたアウグステを匿ってくれた家の主人が、毒入りの歯磨き粉を使って死んだという。その歯磨き粉はアメリカ製で現場はソ連領域。一般人の入手は難しい。アウグステが売ったのではと疑いをかけられたのだ。彼女は事情聴取のあと解放されるが、なぜかユダヤ人の泥棒カフカと一緒に、亡くなった男の甥(おい)に訃報を伝えるべく旅に出る…。

 メインストーリーの「幕間(まくあい)」ではアウグステとドイツが歩んできた道が描かれ、最終章では現在と過去がつながって、思いがけない真実が明らかになる。

 まず引き込まれたのが、当時のベルリンの街の様子が非常に細かく再現されているところだ。毒が仕込まれた歯磨き粉をはじめとして、人々がどんな日用品を使い、どんなものを食べて、どんなふうに暮らしていたのか。読んでいると風景が鮮やかに立ち上がる。どろりとした深い闇の中、灯火統制の目印のために塗られた夜光塗料の怪しげな緑の光に照らされた子供が小鬼のように見えるという序盤のシーンが、結末にたどりついたとき脳裏をよぎった。

 闇の中で吐き気をもよおす暴力に遭遇しても、現実を仕方ないと受け入れることに抗(あらが)い、自由という青空を追い求めるアウグステが眩(まぶ)しい。本は光だ、と信じさせてくれる一冊だ。(筑摩書房・1900円+税)

 評・石井千湖(書評家)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ