PR

ライフ ライフ

【書評】『夢の猫本屋ができるまで』井上理津子著

『夢の猫本屋ができるまで』井上理津子著(ホーム社・1700円+税)
Messenger

 東京都世田谷区の住宅街にある「キャッツミャウブックス」は、猫に関係のある本しか置いていない書店。保護猫が「店員」としてお客を迎える。収益の一部を保護猫団体に寄付している。〈猫が本屋を助け、本屋が猫を助ける〉をコンセプトにする小さな店を開業したのは、書店経営とは無縁だった会社員だった。

 首都圏の書店を取材し続けている著者が、猫本屋の企画から事業化までの経緯を記したノンフィクション。資金集めから店舗作り、PR、大手取次を通さず新刊本を扱う手法まで詳細に記録。本屋の魅力と可能性を再認識できる。(ホーム社・1700円+税)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ