PR

ライフ ライフ

【気になる! コミック】『手に持って、行こう ダーリンの手仕事にっぽん』

『手に持って、行こう ダーリンの手仕事にっぽん』
Messenger

 『ダーリンは外国人』シリーズなどで知られる漫画家の妻と、ダーリンの共著で、日本の伝統的なモノづくりの体験をもとにしたコミックエッセー。

 妻の故郷・岐阜には刀鍛冶、紙すき、陶芸などの伝統産業があり、2人は匠(たくみ)の技を学びつつ、包丁やナイフ、紙、ちょうちん、陶器づくりに悪戦苦闘する。その姿を通じて伝統技術・文化や「相槌(あいづち)を打つ」「地団駄(じだんだ)を踏む」「切羽詰まる」などの言葉の由来を知る。 何げなく使っているモノを作り出す意味など、改めて考えるきっかけになる。(小栗左多里(さおり)&トニー・ラズロ著、ポプラ社・1100円+税)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ