PR

ライフ ライフ

茨城・大洗水族館でしびれるエイを展示

アクアワールド県大洗水族館で飼育されているゴマフシビレエイ(同館提供)
Messenger

 アクアワールド茨城県大洗水族館(同県大洗町磯浜町)で、餌を捕獲したり、身を守ったりするときに放電して相手をしびれさせる「ゴマフシビレエイ」が展示されている。同館の職員も、雄か雌かを調べるため素手で触れたところ、「ビリッ」としびれたという。

 黒ゴマを散らしたような黒い斑点がある「胡麻斑(ごまふ)模様」をした体表が名前の由来で、主に三陸沿岸や茨城県沖、相模湾で生息が確認されている。展示されているのは13日に同県日立市沖の定置網で捕獲された全長約1メートルの雌1匹。シビレエイの仲間は餌付けに時間がかかり、特にゴマフシビレエイが捕れるのはまれのため、同館では飼育例がないという。

 同館魚類展示課の担当者は「飼育が難しいが、できるだけ長く展示できるよう努めたい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ