PR

ライフ ライフ

【健康カフェ】(137)DHAやEPAのオメガ3系脂肪酸 サプリとして摂取の効果は?

Messenger

 脂質異常症で通院している60代女性から「友達に勧められて最近、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)を含むサプリメントを飲み始めたの。この成分は健康にいいんでしょう?」と聞かれました。

 DHAやEPAは青魚に多く含まれ、「オメガ3系脂肪酸」と呼ばれる不飽和脂肪酸の一種です。オメガ3系脂肪酸は、心臓病や脳卒中など循環器病の予防効果があるといわれ、この成分を含むサプリはいろいろな種類が売られています。亜麻仁油やエゴマ油など植物油に多いαリノレン酸もオメガ3系脂肪酸です。

 オメガ3系脂肪酸を含むサプリと循環器系の病気などの関係について、大規模なメタアナリシス(複数の研究の結果を統合して分析した研究)を行った結果が7月、英国の医学雑誌に発表されました。

 対象としたのは、79のRCT(ランダム化比較試験=最も質が高いとされる試験方法)で、参加者の延べ人数は約11万人です。ほとんどの研究が、オメガ3系脂肪酸が入ったカプセルのサプリを摂取した人と入っていないサプリを摂取した人で、その後の循環器系の病気の発症や死亡に違いがあるかを調べています。

 結果は、サプリとしてオメガ3系脂肪酸を摂取しても、循環器系の病気を予防したり、死亡を減らしたりする効果はほとんどないというものでした。この結果は、心臓病患者が多い欧米で大きな話題になり、英国では「健康な心臓のための魚油サプリはナンセンス」という報道もありました。同様の結果は、今年1月、米国の医学雑誌にも発表されています。これらの結果を見る限り、現時点では、オメガ3系脂肪酸のサプリを飲んでも、心臓病や脳卒中を予防し、長生きできることは期待できないようです。

 ただし、今回の結果はサプリとしてオメガ3系脂肪酸を摂取した場合の違いを見たもので、食事で青魚を食べたりαリノレン酸を含む植物油を使ったりすることとは別と考えた方がよいでしょう。青魚や植物油の直接的な健康への効果は不明でも、これらの摂取が増えることで、赤肉や動物性油脂などの摂取が減れば、心臓病や一部のがんを減らすことに繋(つな)がると考えられています。

 冒頭の女性にこの話を伝えると、「食事を充実させた方がよさそうね。もっとサンマやサバなど青魚を食べるようにしてみます」と話していました。(しもじま内科クリニック院長 下島和弥)=次回は10月11日掲載予定。以降は木曜日に隔週で掲載します。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ